2014年5月10日エネルギーシフトを救えデモ。

DSCN0404DSCN0421

5月10日、ベルリンで「エネルギー転換」を救うデモがあり、約12000人(主催者発表)が参加しました。このデモは水上デモからはじまりました。120槽のボート、カヌー、いかだがベルリン中央駅近くのフンボルト港から出発し、連邦議事堂、議員会館付近を流れるシュプレー川を行き来しました。

DSCN0434

ボートやカヌー、いかだには「ENERGIEWENDE JETZT!(今すぐエネルギー転換)」「Ökostrom-Ausbau(エコ電気の拡充を」「Fukushima ist überall. AKWs jetzt abschalten(フクシマはどこでも起きる、原発は今すぐやめよう)」 「Sonne und Wind statt Kohle und Atom(太陽と風が石炭と原子力の代わりになる)」など、原子力や石炭による発電ではなく、再生可能エネルギーへの転換を求める横断幕やプラカードがかかげられ、観光客、通行人に水上から訴えていました。

DSCN0450
メルケル首相とガブリエル・エネルギー相(SPD)に扮した人が「MIT UNS IN DEN UNTERGANG!(わたしたちと沈もう)」の文字を背景に握手をしたり、手を振ったりするパフォーマンスを見せるボートもありました。

DSCN0438
ふたりが棒を持ってボートを叩き壊すパフォーマンスも。今回のデモのテーマは「Energiewende nicht kentern lassen(エネルギー転換を沈ませるな)」ということなので、ふたりに任せていると船(エネルギー転換)が沈んでしまうと皮肉るものだったのです。

水上デモが終盤に近づくに連れ、橋の上に人が集まってきました。一人が「Atomkraft?(原子力)」と問いかけると「Nein!(いらない)」と参加者からの声が返ってきます。「Kohl?(石炭)」「Nein!」そして、「Energiewende?(エネルギー転換)」「Ja!(そうだ)」の声が。そのかけ声が出発の合図だったのか、橋の上にいっぱいになった人たちが今度は路上デモを開始。首相府、議員会館、連邦議会、ブランデンブルク門の前を通り、CDUの本部まで歩いていきました。一緒になって歩いていると、さまざまな団体が参加しているのがわかりました。そして、ニュルンベルク、ライプチヒ、ハンブルクなどドイツ各地から参加していました。

DSCN0458 DSCN0460
国会議事堂前にて。

参加者はそれぞれの主催団体が用意したものや自分で作ったプラカードや旗、横断幕を持ちながら歩いていました。天然ガスについて「Biogas:Wir können immer(天然ガス:わたしたちはいつでもできる)」「Biogas:Wir Sichern Die Enegieversorgun(天然ガス:わたしたちはエネルギー供給を保証する」などと書かれたものも。「KEINE WINDFLAUTE(無風はない)」の旗はまさしく風になびいていました。マイクを通し、「みんなで力を合わせればできないことはない」と歌を歌うように何度か繰り返す若い女性の声が印象的でした。(文責Yuki)

DSC02384
昨年11月のエネルギーシフトを救えデモでも見かけたプルトニウムの注射を持った死神。

DSC02405
デモ行進後、会場をメルケル率いるドイツキリスト教民主同盟本部(CDU Bundesparteizentrale)前に移して。日本で言えば、自民党本部のほんとうに目の前で1万人規模のデモを行うという事。そして原発を廃炉と決めても、さらに温暖化に影響を与える石炭もやめろと声をあげる市民たち。何処か日本と違わないだろうか。ベルリンは世界の先進国の都会の中でも自然が多いと有名な都市である。そして全てとは云えないが、この国の人々は、日頃から本当によく環境や人間以外の生き物について考えている。

環境保護団体をはじめ緑の党や左派党の設ける各ブースも賑わった。最終地点に到着後、ビールを振る舞うトラックも。この日は、都合により子どもたちと一緒に最終地点のこちらの会場前から参加したのだが、子どもたちは、軽食をもらったり、ビーチボールや風車をもらって楽しんだ。

DSC02388
この日はベルリン生まれの人気アーティストSEEEDがライブをするとあってか、中高生をはじめとする若者の姿がいつもに増して目立った。以前、ベルリン市内の高校で行った討論会にて、現地高校生らからこういう発言があった。「僕たちはよくFacebookやSMSで○○デモ行こうぜ、と誘い合うが、日本の高校生たちはどうだ?」その時、日本から来ていた高校生8人は互いに顔を見合わせ首を横に振ったが、この日の人気のアーティストの出演に関わらず、ここでは中高生も自発的に政治活動に関心を寄せて参加する。南ドイツで行われた大規模な高校生の立ち上げたデモもまだ記憶に新しい。

SEEEDがベルリンについて歌っているベルリン映像満載のPVで、ベルリンの景色をどうぞ。

DSC02389
ついでと云ってはなんだが、メルケル首相の選挙のプラカードに悪戯する人続出。無論こうした行為は日本同様に罰せられるが、選挙のプラカードに悪戯されるのはこちらでは日常茶飯事。地区によっては落書きのないプラカートを探す方が難しいかもしれない。我が家の周辺でもCDUのプラカートには軒並み、悪戯が。こちらの微笑むメルケル首相のプラカートにある「Gemeinsam erfolgreich in Europa(ヨーロッパで一緒に成功)」を、「einsam erforgreich in Europa(ヨーロッパでひとりで成功)」なんて皮肉な言葉遊びも良く見かける。(文責R)

かざぐるま@金曜デモ!

日本に一時帰国した先日、国会議事堂周辺で続けられている金曜デモにと経産省前の脱原発テント村にかざぐるまを持って行ってきました。強い風に雨がちらつく悪天候の中、原発のない日本にするため、地道に声を上げ続けている人たちがいました。

そして、夕闇に静かにそびえる国会議事堂。2014-04-04 18.45.45

反対の声をひたすら「無反応」でかわして人々の気力が萎えて消えるのを待ち、不都合な真実を包み隠したり情報を操作して人々の不安や疑問を巧みにうやむやにさせる戦法を取っているような政府と原子力ムラ、民意を無視しつづけるこの国のリーダーたちを象徴しているように見えました。

福島原発事故が起きた直後、ドイツ全国で反原発運動がさらに広がり、これまで原発推進であった政府は、その政策を大転換させ、2022年までにすべての原発をなくすことを決定しました。原発がはらむ危険性は、高度な技術を持っても手に負えないことを福島の原発事故が証明したことも大きな理由ですが、高まる反対の声をドイツ政府に受け止めさせた市民の力も大きかったと思います。そして、それに対して政府がきちんとアクションを起こしたわけです。

国会議事堂や官邸前などいくつかの場所で展開されている金曜デモは、最近参加者が減少しているとのこと。

しかし、そこで断念せずNOと言い続けてほしいと、未来の大人の子どもたちの叫びが私には聞こえるようです。

もはや日本の問題だけではない日本の原発問題。

次なる世代に安全な未来を残すべく、NOと言い続けることが、今を生きる大人の責任だと思いませんか。

 

 

2014-04-04 18.49.53 2014-04-04 18.42.20

Link: 原発いらない女たちのテントひろば http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/

「安倍首相に直接抗議したい方、全員集合!」

安倍首相に脱原発訴え=首脳会談場前でデモ-ベルリン【ベルリン時事】
安倍晋三首相とドイツのメルケル首相の首脳会談が行われたベルリンの首相府前で30日、会談時間に合わせ、市民や在留邦人ら約50人が安倍首相に脱原発を訴えるデモを行った。デモ隊は「安倍首相に抗議します」との横断幕を掲げ、「再稼働反対」「さよなら原発」とシュプレヒコールを上げた。参加した主婦ヘートウィヒ・ツォーベルさん(63)は「東京電力福島第1原発の事故が起きた日本で原発が再稼働されたら最悪」。タクシー運転手ベルント・ フリーベーゼさん(54)は「安倍首相に国民と子供を守れと言いたい」と話した。(2014/04/30-23:44)
———————————————————————————————————————————————————-
DSC02357
初夏の快晴に恵まれた首相府

DSC02360
11時45分の集合に合わせ、集まり始めた市民ら。デュッセルドルフやフランクフルトからの参加者も。

4月30日、ベルリン市内の首相府で予定された日独首脳会談に合わせ、ベルリン女の会の主催でデモを行った。この日は原発の再稼働に反対する以外にも、日本の歴史認識などに対する異議を申し立てるプラカードもたいへん目立った。

平日の日中であるなど、SNBのメンバーはそれぞれ仕事や学業を持っており、“各自の日常を犠牲にすることのない脱原発運動”の活動方針を守るため、今回、デモの申請などを女の会の主催にお任せし、演説も行わず、告知活動の手伝いや当日の参加のみとした。人口は少なかったが、ドイツ人、韓国人の参加者が目立ち、今では安倍首相の言動が国内にとどまらないと云った関心の広まりを感じた。首相通過時の無線連絡を伝えてくれたり、プラカードを貼りつけるなど、現地の警察の惜しみない協力があった事も特筆すべきと思う。この模様やデモの詳細はコチラのブログ、明日うらしまでどうぞ。

現地メディアが伝える首脳会談、デモの模様。

  Japanisch-deutscher Gleichklang in Ukraine-Krise(DW・ドイッチェヴェレ)

デモの中盤、見知らぬ車椅子の若いドイツ人女性からSayonara Nukes Berlin宛の手紙を渡された。手紙には、風車デモの写真やかざぐるまの素材にもっと適した丈夫な紙のアイデアがあった。そして大使館前でのプロテストはとても大切な運動であるから、自分も参加するので毎月やって欲しい、などと書かれていた。握手をしようと右手を出して、彼女が左手しか自由が利かないと云う事にすぐに気付いた。心が震えると同時に、この日をほんの少し恥ずかしいと感じる気持ちが沸き起こった。この日のデモは、日本の事なのに、日本人が少なかったのだ。「仕方がない」と思うのは、私たち特有の言い訳なのであろうか。5月2日の朝日新聞デジタルにて、安倍首相は、集団的自衛権の行使容認を、憲法解釈変更の見解をまとめる「政府方針」に明記する方針を固め、これが内閣全体の了解を得ない、首相のみの独裁とも取れる見解であるとの記事を読んだ。刻一刻と、日本の情勢は深刻化する一方ではないのか。近い将来、日本が戦争に加担し、我が子を徴兵される時代がやってくることも、「仕方がない」ことなのだろうか。R

AbenoMix-1

Abenomics Nein Danke!
アベノミクスお断り!

Der Begriff ”アベノミクス=Abenomics” ist ein dummes
Wortspiel zusammengesetzt aus ”Abe” und ”economics” und bezeichnet die Wirtschaftspolitik des Premierministers Shinzo Abe.

余談であるが、安倍晋三首相とともにヨーロッパ入りされた昭恵夫人が、同日、ドイツのフェルトハイム村を視察したことを自身のFacebookページ上に投稿。
安倍昭恵さんが訪問した「フェルトハイム」ってどんなところ? 自然エネルギー100%自給の村(The Huffington Post)