6月28日(水)『標的の村』上映会 “Okinawa Filmabend”

2017年6月28日(水)19時、ベルリンのACUDkinoにて
Okinawa Filmabend” と題し、
入場無料の映画上映会を開催します。

第一弾目の今回は、沖縄県の中でも特に、北部にある東村の高江という集落に焦点を絞って描かれた三上智恵監督作品(2013)
標的の村』 を上映いたします。

映画の後にはフリータイムを設けています。希望する方はこの時間に数量限定のやんばるの泡盛とちんすこうもあわせてお楽しみいただければと思います。
英語字幕付きですので、お友達をお誘いの上どうぞお気軽にお越しください。

Okinawa Filmabend
2017.06.28 (水) 19:00
ACUD Kino (Veteranenstrasse 21, 10119 Mitte, Berlin)
入場無料

🎬 『標的の村』上映 (91分) + Q&A
🎤   沖縄歴史解説
👕   高江オリジナルグッズの販売
[数量限定] ちんすこう / やんばるの泡盛 まる田

— 映画『標的の村

ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設や新型輸送機オスプレイ配備に反対する沖縄県東村高江の住民たちの姿を記録したドキュメンタリー映画。2012年9月29日、オスプレイが配備される前夜に普天間基地ゲート前に座り込んだ人々が、強制排除に乗り出した警察と衝突する様子の一部始終など、反対運動を続ける住民たちに寄り添いながら、沖縄の米軍基地問題の歴史を紐解いていく。琉球朝日放送制作、三上智恵監督作品。

19:00   開場
19:20   沖縄の歴史解説
20:00『標的の村(英語字幕付)』上映スタート(91分)
21:40   Q&Aタイム、その後フリータイム

 

標的の村』劇場予告

国際ウラニウム映画祭の Crowdfunding はじまる

国際ウラニウム映画祭が,Internationales Uranium Film Festival Berlin のために Crowdfunding を立ち上げました。

この映画祭は,原発を始め,ウラン採掘,核実験,原爆水爆,そして原発事故,死の灰のごみ処理問題,核エネルギー一般などをテーマにする,世界各地で作られたドキュメンタリー映画・劇映画を応募してもらい,その中から選ばれたものを上映するという映画祭です。映画祭の最後には,ウラニウム映画祭賞(Yellow Oscar) が最優秀作品に与えられます。Yellow はもちろん,ウランの色です。

映画祭のための Crowdfunding に興味ある方は以下のページをご覧下さい。

https://www.ecocrowd.de/projekte/internationales-uranium-film-festival-berlin-iuffberlin/  (ドイツ語)

これには 1 ユーロからでも参加でき,また,ファンディングアイテムによってはチケットやグッズなどを入手するという形でも協力することができます。

国際ウラニウム映画祭参考リンク