「安倍首相に直接抗議したい方、全員集合!」

安倍首相に脱原発訴え=首脳会談場前でデモ-ベルリン【ベルリン時事】
安倍晋三首相とドイツのメルケル首相の首脳会談が行われたベルリンの首相府前で30日、会談時間に合わせ、市民や在留邦人ら約50人が安倍首相に脱原発を訴えるデモを行った。デモ隊は「安倍首相に抗議します」との横断幕を掲げ、「再稼働反対」「さよなら原発」とシュプレヒコールを上げた。参加した主婦ヘートウィヒ・ツォーベルさん(63)は「東京電力福島第1原発の事故が起きた日本で原発が再稼働されたら最悪」。タクシー運転手ベルント・ フリーベーゼさん(54)は「安倍首相に国民と子供を守れと言いたい」と話した。(2014/04/30-23:44)
———————————————————————————————————————————————————-
DSC02357
初夏の快晴に恵まれた首相府

DSC02360
11時45分の集合に合わせ、集まり始めた市民ら。デュッセルドルフやフランクフルトからの参加者も。

4月30日、ベルリン市内の首相府で予定された日独首脳会談に合わせ、ベルリン女の会の主催でデモを行った。この日は原発の再稼働に反対する以外にも、日本の歴史認識などに対する異議を申し立てるプラカードもたいへん目立った。

平日の日中であるなど、SNBのメンバーはそれぞれ仕事や学業を持っており、“各自の日常を犠牲にすることのない脱原発運動”の活動方針を守るため、今回、デモの申請などを女の会の主催にお任せし、演説も行わず、告知活動の手伝いや当日の参加のみとした。人口は少なかったが、ドイツ人、韓国人の参加者が目立ち、今では安倍首相の言動が国内にとどまらないと云った関心の広まりを感じた。首相通過時の無線連絡を伝えてくれたり、プラカードを貼りつけるなど、現地の警察の惜しみない協力があった事も特筆すべきと思う。この模様やデモの詳細はコチラのブログ、明日うらしまでどうぞ。

現地メディアが伝える首脳会談、デモの模様。

  Japanisch-deutscher Gleichklang in Ukraine-Krise(DW・ドイッチェヴェレ)

デモの中盤、見知らぬ車椅子の若いドイツ人女性からSayonara Nukes Berlin宛の手紙を渡された。手紙には、風車デモの写真やかざぐるまの素材にもっと適した丈夫な紙のアイデアがあった。そして大使館前でのプロテストはとても大切な運動であるから、自分も参加するので毎月やって欲しい、などと書かれていた。握手をしようと右手を出して、彼女が左手しか自由が利かないと云う事にすぐに気付いた。心が震えると同時に、この日をほんの少し恥ずかしいと感じる気持ちが沸き起こった。この日のデモは、日本の事なのに、日本人が少なかったのだ。「仕方がない」と思うのは、私たち特有の言い訳なのであろうか。5月2日の朝日新聞デジタルにて、安倍首相は、集団的自衛権の行使容認を、憲法解釈変更の見解をまとめる「政府方針」に明記する方針を固め、これが内閣全体の了解を得ない、首相のみの独裁とも取れる見解であるとの記事を読んだ。刻一刻と、日本の情勢は深刻化する一方ではないのか。近い将来、日本が戦争に加担し、我が子を徴兵される時代がやってくることも、「仕方がない」ことなのだろうか。R

AbenoMix-1

Abenomics Nein Danke!
アベノミクスお断り!

Der Begriff ”アベノミクス=Abenomics” ist ein dummes
Wortspiel zusammengesetzt aus ”Abe” und ”economics” und bezeichnet die Wirtschaftspolitik des Premierministers Shinzo Abe.

余談であるが、安倍晋三首相とともにヨーロッパ入りされた昭恵夫人が、同日、ドイツのフェルトハイム村を視察したことを自身のFacebookページ上に投稿。
安倍昭恵さんが訪問した「フェルトハイム」ってどんなところ? 自然エネルギー100%自給の村(The Huffington Post)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です