写真展: Nuclear, Democracy and Beyond 会期延期のお知らせ*6月12日迄、並びにメディア反応など。

6月12日迄会期延長!

Sayonra-Nukes-BerlinとFreundeskreis  Willy-Brand-Haus e.V.(FkWBH)との共同開催の広河隆一氏と樋口健二氏による写真展: Nuclear, Democracy and Beyond. Photographs by Photographs by Ryûichi Hirokawa & Kenji Higuchiはお陰さまで 先週の日曜22日をもって公式の日程を終えました。

IMG_2609
展覧会オープニングセレモニー会場にて。オープニング当日開場前の写真。

なお、FkWBHのギャラリーでの展示会は6月12日まで展示が継続することになっています。6月2日にオープニングを迎えます同ギャラリーでのワールドプレスフォト16展開催に合わせてさらに多くの訪問者に広河氏と樋口氏の写真を見てもらえるようとのギャラリー側の配慮と熱意によって2週間ほど期間の延長が決定しました。

当展覧会のオープニング模様は組織チームのメンバーの一人である梶川ゆうさんの報告をご覧ください。

今後の展示会の巡回などの予定などについて

なお、梶川さんの報告にもありますが、この展示は今後、9月上旬にベルリンのドイツ連邦環境省主催の環境イベントで再度開催される予定です。詳細はまた後日当ホームページやSNBのソーシャルメディアなどで通知する予定ですのでそちらもご覧ください。

Facebook: https://www.facebook.com/sayonara.nukes.berlin/?fref=ts

Twitter:https://twitter.com/NoNukesBerlin

メディアの反応

またRBB(ベルリン・ブランデンブルク放送協会)のKulturtipps、Berliner Zeitung(ベルリン新聞)、die Tageszeitung(ディ・ターゲスツァイトゥング)などのメディアにて当展覧会が取り上げられました。以下がその抜粋です。

berliner.zeitung.04.05.2016
ベルリナー・ツァイトゥング掲載の2016年5月4日付記事。
13177161_967823623313125_4125816570125197992_n
die Tageszeitung掲載記事。

 

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です