安倍総理大臣宛の公開書簡を提出して来ました!

日本大使館前で。
日本大使館前で。

本日3月7日、Sayonara Nukes Berlin とAnti Atom Berlinは、ベルリンの日本大使館に、以下の内容を求める安倍総理大臣宛の公開書簡を提出してきました。

 

*すべての原発の再稼動と原発の新設を断念し、原子力から撤退す 

*原子力技術を海外に輸出しない

*再処理施設と高速増殖炉もんじゅを廃止する

*再生可能エネルギーをより一層拡大させるほか、エネルギーの効率利用をめざして投資を拡大する

*福島県とその周辺地域がこれ以上放射能によって汚染されないようにするほか、太平洋にこれ以上汚染水が流出しないようにするため、効果的な措置を講じる(国際社会からの技術支援も受け入れる)

*汚染地域からの移住を希望する被災者、特に子どものいる家族を財政的に支援する

*除染しても、国として住民が汚染地域へ帰還するのを奨励しない

*東京電力が正当な損害賠償を行うよう、国が厳重に監視する

*福島原発事故被災者に対する支援を強化する。たとえば、被災者支援法の内容をすぐにも具体

 化させる。被災者、特に子どもたちと原発後処理作業員の健康診断と治療(精神的疾患も含む)

 をより頻繁に行う

*他の原発で働く派遣労働者を含め、福島第一原発で後処理作業をする労働者と除染作業員が

 搾取されないよう厳しく監督し、適正な賃金が支払われることを保障する

*福島第一原発の後処理と廃炉によって発生する放射能廃棄物を危険度に応じて適切に処分す

*汚染された土やガレキ(焼却灰も含めて)が放置状態で保管されているが、それを撤去して安全

 に保管する

*原子力問題に関して情報を透明化させるほか、原子力問題では特定秘密保護法を適用しない

 

公開書簡には、ドイツ在住の日本人およびドイツ人47人の個人(主に著名な方々)および、ドイツ国内の団体20団体から賛同をいただきました。

公開書簡日本語版2014年3月7日

「安倍総理大臣宛の公開書簡を提出して来ました!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です