「反原発デモ」カテゴリーアーカイブ

ブラウンシュバイクの3・11祈念式に参加して

ブラウンシュバイク市の福島3・11祈念式に参加して

3月8日にベルリンの反原発デモを一緒に行ったSchacht Konrad(コンラート立坑)の招待で3月10日にブラウンシュバイク市の福島3・11祈念式に参加してきました。ベルリンの準備グループに加わっていたユリアーネのお父さんのペーター・ディッケル氏がベルリンに用事(ドイツ環境大臣との会合)で来ていたので、彼の車に乗せてもらってブラウンシュバイク市に行きました。そのペーターさんは筋金入りの活動家で、すでに反原発運動を35年も続けて来ているそうで、シャハト・コンラート運動の中心人物です。シャハト・コンラートは100年以上前から1970年代まで鉄鉱石を掘り出す鉱山でした。非常に乾燥した鉱山ということで、連邦政府がドイツの核廃棄物の最終処分場の候補地として指名し,75年から調査が始まりました。その時からディッケル氏は反対運動に主体的にコミットしています。

ドライブの途中に核廃棄物処分地のMorsleben(旧東独)とSchacht Asseを外から見学しました。Morslebenは塩山として使われた後、東独時代に核廃棄物処分地として指定され、統一後は連邦政府に引き継がれました。住民は現在反対運動を起こしています。ベルリンから同乗したのが運動の代表を務めているフックスさんでした。Schacht Asseは同地から10キロぐらい離れた旧西ドイツ側にあるやはり元塩山で、1995年から2004年の間に16100樽の核廃棄物が運び込まれました。ところが地下水が流れ込み、金属製の樽を浸食し始めたのです。ディッケル氏によれば、鉱山の現場の人たちはその危険を指摘していたそうです。そこで2008年に運び込みがストップされ、最終的に取り出すことになりました。しかしウランが25キロ、危険なプルトニウムが6キロなども入っていて、どのように取り出すか、現在議論されています。3月初めにヘンドリックス環境大臣(Barbara Hendriks,SPD)がここを訪れ、正直言ってどう、またいつ運び出せるか分からないと途方に暮れている様子が報道されました。ちょうどそのニュースを見た記憶があったので、余計にInfo-Hausで展示されていた半壊した樽の写真が印象深かったです。次にSchacht Konradを見学しました。ここにはまだ廃棄物は運び込まれていないそうです。地域の人の反対が強いからだそうです。ディッケル氏の話では、福島の事故の後,地域の人たちによるキャンドル記念連帯の夕べには2万8千人が蝋燭を手に沿道に並んだそうです。素晴らしく感動的なシーンだと言っていました。

5時半頃にやっとブラウンシュバイクの市庁舎前の広場に到着しました。すでに50人以上の人が三々五々と立って、集会が始まるのを待っていました。反原発のポスターやフライヤーなどを並べたテーブルもありました。司会役のマリアさんが挨拶に来ました。僕がトップバッターだとのこと。夕方6時過ぎに150人ほどが集まり、祈念式が始まりました。僕は用意したドイツ語原稿を読み上げました。後から話した皆さんのようにフリーに感情込めて演説を打つのはドイツ語では無理です。福島をめぐる日本の現状を報告しました。そして、みなさんの連帯をこれからも必要としているという言葉で結びました。

ドイツ語演説全文Rede an der Schacht Konrad

映像でご覧になりたい方は:

その後4人(ペーターさんも)の話が続き、1時間ほどで式を終えました。みなさん本当に息の長い運動をして来ているなという印象を強く感じました。

7時過ぎに市庁舎内の政党議員室(彼らの市民連合による政党)で10人ほどの参加者に質問に答える形で日本の現状について多少詳しい話をしました。原発からの撤退はもちろん重要だが、まず汚染区域から子どものいる家族を優先して移住させるべき方向に運動の目的を決めるべきだと述べました。それと汚染水問題も含めて福島の問題解決がまったく宛にならない東電の手に握られているのが大きなジレンマだということを強調しました。

帰宅は最終電車に何とか間に合いました。

最後にディッケル氏から『Atommüll(核のゴミ)』という270頁にもなる本を頂きました。昨年の8月に行われた全国の活動家による「核のゴミ会議」で発表されたデーターをまとめた本です。10日の朝ヘンドリックスドイツ環境大臣に渡したところ、ドイツの90か所の処分場をすべて網羅したこのような資料がほしかったのだと誉められたそうです。本来なら金もマンパワーもある環境省が作成すべきなのだと彼は半分怒っていました。これをみてもいかにドイツの反原発運動と環境運動が大きな勢力になっているかが分かります。日本の反原発運動も原子力村がごまかせないようなデーターを集め,突きつけられるように早くなりたいものです。

福澤

かざぐるまデモ2014 “Kazaguruma-Demo 2014” gegen Atomkraft in Berlin

_TY147632

3月8日、ベルリンは初夏を思わせる陽気と快晴に恵まれたこの日、日本の福島から始まるさようなら原発集会に連帯するため、ベルリンでも反原発デモを行った。このデモの前日、7日には、ベルリンで生活する多くの著名人、政治家、環境保護団体らの賛同署名を受け、現地の反原発団体アンチ・アトム・ベルリンと共同で在独日本大使館へ安倍首相宛の公開書簡を提出した。

書簡と賛同署名者についての詳細はこちらのページでhttp://sayonara-nukes-berlin.org/?p=855

今年は、Anti-Atom Berlin(アンチアトムベルリン)Arbeitsgemeinschaft Schacht KONRAD e.V.(シャハトコンラート)NaturFreunde Berlin e.V.(ナトゥアフロインデ) ドイツの反原発・自然保護3団体と協同し、風車に思いを托そうと、ベルリンでの反原発集会を”かざぐるまデモ”と名付けて呼びかけた結果、1000人もの市民が集結し(報道関係者調べ)、ブランデンブルグ門前を黄色く染めた。

Sayonara Nukes Berlin かざぐるまデモはじまりのあいさつ

Anti Atom Berlin レギーナの演説 (和訳:梶川ゆう)

_TY239422 

各々のプラカートと風車を手に集まってきた市民からは、福島第一原子力発電所の事故から3年と云う月日を経ても、現状に関心を持って、なんとかしたいと云う思いが伝わる。

_TY238622

〝Wer denkt an meine zukunft?″ ―誰が私の未来を考えてくれるの―


Mad World Danceによるオリンピック風刺劇。

_TY146072 _TY239522

風車を片手に一輪車やスケートボードでデモ行進するこどもたち。

DSC022502

防護服をまとったこどもたちのプラカートには痛烈な皮肉が。

〝2 Dinge waren schon immer Klar:     2つの物事はずっと明確だった
1.Atomkraft ist sicher und            1.原発は安全で
2.Die Erde ist eine Scheibe″         2.地球は平らである

_TY146582

ポツダマー広場で、岐阜環境医学研究所の所長松井英介氏。
松井英介先生演説全文

原発反対!と声をあげ続けたベルリン在住のミュージシャン、長針真奈美さん。

いつもイラストを提供してくださるChuuさんも”かざぐるまめがね”で参加。デモの2日前には現地新聞のtaz(Die Tageszeitung)に大きくデモを予告する記事が。

_TY151002

この〝希望のかざぐるま″運動を拡げていきたい。

2014年3月8日かざぐるまデモビデオ

———————————————————————————————————————————————————

報道先リンクまとめ

rbb(ベルリン・ブランデンブルク放送) http://www.rbb-online.de/abendschau/archiv/20140308_1930/nachrichten-eins.html

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140309/k10015828031000.html

時事通信 かざぐるまデモ http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014030800377

公開書簡 ―原発の再稼働・新設断念を 安倍首相に公開書簡 ドイツ  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014030700932&g=soc

共同通信 http://www.sankei.com/world/news/140309/wor1403090027-n1.html

ゲンダイ ―ドイツの脱原発団体 安倍首相に公開書簡 ビム・ベンダース監督ら~(2014/3/8)

週刊金曜日 -NGOが安倍首相宛ての公開書簡も提出 ドイツでも多数の脱原発デモ(2014/3/21)

taz (Die Tageszeitung) 他

———————————————————————————————————————————————————

関連リンク

さようなら原発1000万人アクション

―ベルリンで風車デモ、安倍総理大臣宛の公開書簡を提出(http://sayonara-nukes.org/2014/03/letterberlin/

緑の1kwh

―ベルリンから未来に向けた「かざぐるまデモ」 http://midori1kwh.de/2014/03/09/5047

フリージャーナリスト梶村太一郎さんのHP

―フクシマ3周年ベルリンの反原発抗議デモの写真報告 http://tkajimura.blogspot.de/2014/03/foto-bericht-demo-in-berlin-am.html

―フクシマ3周年、ベルリンから安倍首相への公開書簡全文 http://tkajimura.blogspot.co.uk/2014/03/3jahrestag-von-fukushimaoffener-brief.html

——————————————————————————————————————————————————-

写真提供:矢嶋宰

風刺劇映像提供:Frank Doellinger (B-Boy Rain)

デモ映像提供:Sigrid Oberer

9.3 Anti-Atomkraft-Demo ベルリンから日本へ、脱原発デモ

DSC08403

昨年夏、日本に一時帰国の際、矢も楯もいられず生まれて初めてデモ行進に参加した。さようなら原発集会の企画する毎週金曜の首相官邸前デモと、代々木公園から都心を3時間練り歩く大規模なデモだ。ある金曜のデモでは、夏の雨の降りしきる中、ファッショナブルで洗練された若い男女、ベビーカーの乳幼児から高齢者に至るまで、本当に様々な人々が各々のプラカードを掲げ、原子力発電所の再稼働反対の声を上げた。

DSC08457

また、3時間のデモ行進は、7月の半ば。12歳の長男は途中何度かコンビニエンスストアに飲み物やアイスを買いに走り、小休憩をしては列に戻った。2万5千人とも、5万人とも言われているが、福島の事故を経て原子力エネルギーに不満の声を上げる人々の列は何度休憩を経ても途絶えることなく夕刻まで続いた。そこには学生運動のような荒々しさはなく、列に加わる人々も、沿道から声をかける人々も、みな笑顔で、爽やかではつらつとしたものだった。思いもかけず何度も息子に励ましの声がかかった。主にお年寄りからの労いだった。今でも表参道の行進の事を思うと胸が熱くなる。

国外に住む日本人の間でも、日本の現状について不安を訴える声は日増しに大きくなっている。様々な事情により、自分の故郷を離れてはいるが、故郷の事を忘れる人間はいない。今年の年明けに、いろいろな思いが錯綜し、ついには自分の中で解決することができなくなった。その足で、ひとり警察署に出向いた。ベルリンでも反原発デモをやろうと決めた。

3月9日は、東京でさようなら原発集会の大規模デモが計画されていたので、日本にエールを送るとともに、日頃のジレンマをこの地で共有する事で少しでも晴らしたかった。この日のベルリンは氷点下と寒く、空はどこまでも灰色の雲に覆われた。あまりの寒さにジェネレーターがいう事を利かず、Ryo Humanelectro Fujimoto氏の演奏を合図に、予定の時間を40分も押しての開会となった事をお詫びする。

福島第一原子力発電所から40キロメートル程に位置する福島県浜通りで自営業を営んでいた香川智之さんは、国が正確な情報公開をしないがために、多くの人々がより放射線の汚染のひどい地域に避難してしまったと言う。日本政府は今もなお、正確な発表をしていないとは、専門情報誌シュトラーレンテレックス(Strahrentelex)の発行者で放射線防護協会の役員であるトーマス・デアゼー(Thomas Dersee) 氏のスピーチだ。アメリカの会社がモニタリングポストを設置したところ、この線量に驚いた日本の環境省は、「これでは値が高すぎる、変えることはできないか」と文句をつけたそうだ。その会社は、いや、それはできない、モニタリング装置というのは測定するためにあるのだから」と答えると、日本にある企業にモニタリングポストの設置が発注される。デアゼー氏ら専門家が福島を訪れる度、官庁の発表する数値がいかにインチキであるか、それは直ちに露見するのである。

デアゼー氏の演説の全容を知りたい方は当日、通訳を務めていただいた梶川ゆうさんのこちらのブログを⇒ http://donpuchi.blogspot.de/2013/03/blog-post.html

郡山市の協力者から寄せられたデアゼー氏の告発を裏付ける資料を以下に添付する。
有限会社アルファ通信プレスリリース
緊急報告書モニタリングポストの実態調査
南相馬市合同庁舎前モニタリングポスト調査

この演説の後、Bodypoet (Kazuma Glen Motomura氏)の原子力カムラ扮する風刺劇が始まった。後日、寒かった!との苦情の声が大きかった中、これには大変好評をいただいた。

_TY111802

ベルリン自由大学で長年教鞭を振るわれた福沢啓臣准教授、また日本の反原発運動を現地で追いかけ日本の運動について卒業論文を書いていた同じくベルリン自由大学日本学科の学生イザベル・ピッヒラさん、署名活動にご尽力くださった女の会を代表してジャーナリストの水野博子さんからそれぞれ演説をいただき、ライプツィヒ大学の小林敏明教授と同大学日本学科の主任教授ステフィ・リヒター(Steffi Richter)教授と、世界的に著名な哲学者であるヴィルヘルム・シュミート(Wilhelm Schmid )教授らが、共に、行進後のポツダマープラッツでお話ししてくださった。この日は170数人程の参加者であったが、シュミート教授からは、「40年前、ドイツで反原発運動が起こった頃、この日の様に、小規模なデモが始まりであった。日本の40年後に期待する」との励ましを戴いた。

人々が現状から多くの物事を考え、学び、話し合う事をやめない事で、日本の未来が変るかもしれない。年老いた政治家たちが再稼働を決め、福島での経験をものともせず首相が「原子力発電所を新設する」と言っている。こんな日本に、未来はあるのだろうか。私たちはただ傍観をし続けて良いのだろうか。何よりも、日本の未来を担う子供たちが犠牲になっている。

政治は面倒だ。アツいことは実は苦手だ。人とつるむのは実はあまり好きではない。協調という言葉を何より嫌うはみ出し者の私だが、自分にとってつまらない事でも、自分が生かしてもらっている社会の仕組みを無視することはできない。自分にできる限りの義務を果たし、この先10年後も20年後も永遠に続く世代交代の中で、後続する日本の子どもたちに私たちの未来が明るいものであると呼びかけ続ける事をやめてはいけないと思った。

_TY11301.2

私たちSayonara Nukes Berlinは、メンバーわずか5人からなる非営利団体である。3月のデモの開催に至っては、多方面から大きな助力を得た。また、反原発運動の為、Vj Chuu氏が無償でデザインを提供してくださったバッヂの売上、デアゼー氏が提供してくださったカルタの売上と募金を合わせ385ユーロ55セントから、活動にかかる経費を補う事ができた。残る144ユーロ51セントを今後の活動に生かしたい。この場を借りて、ご協力いただいたみなさまへ多大なる感謝の意を表したいと思う。

さてはて、ベルリンの長い冬が明けた。

次は6月2日。この日は首都圏でまた大規模デモが予定されている。メンバーそれぞれが多忙であるため、せいぜい年に一度の立ち上げを話し合ったものだが、日本の現状に関する情報を発信し日本の脱原発に向けた”さようなら原発集会”の署名を集める方針で、新たなメンバーを迎え、ベルリンで行われる大規模なエコロジー・フェスティバルであるUmweltfestivalへの参加を決めた。この日は、福島県郡山市の児童が起こした集団疎開裁判の取り下げを受け、子どもたちへの励ましのメッセージも集める方針である。より多くの来場者がある事を願って。R

イベント詳細(https://www.facebook.com/events/600642929970698/